読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むぎょっていこう

むぎょの日常と遊戯王と腐女子ネタの長文。

スポンサードリンク

【遊戯王ARC-V77話】ガンダムを吹き飛ばしたのは緊縛で悦ぶおっさんでした【感想】


 むぎょだよ。ムキムキはキライじゃない。

 私は始めてガンダムシリーズに触れてワクワクしていたんだ。鉄血のオルフェンズ――背中にプラグのある少年にフェチズムを刺激され、オルガが8話くらいで死ぬかもしれないとおびえ、ビスケットと明弘を推すことに決めていたんだ。長い歴史を持つアニメシリーズのクオリティに、目を輝かせていたんだ。

 その後のARC-Vで全部吹っ飛んだわ! 全部なぁ!!!

 なにあれ? なにあれ!?(※褒め言葉)

 だめだよこんな濃度の高いアニメを続けて放送しちゃ……私だってガンダム実況後の考察したかったのに遊戯王のインパクトが強すぎるんだもんよぉ……TBSとテレビ東京はなんらかの連携をとってくれよ……(無茶)

 というわけで、遊戯王ARC-Vの感想を綴ってみる。とにかく整理しないとやってらんない。

 


 フレンドシップ3日目は、メインヒロイン柚子VS敵の刺客であるムキムキのセルゲイ。

遊☆戯☆王 ARC-V TURN-3 [DVD]

 右が柚子ちゃん。かわいい。

 1回戦でかわいさを見せ付けた柚子ちゃんにはさっそく固定ファンがつき、実況のメリッサさんにも贔屓にされてた……これがまさか絶望的な複線になるとは誰も思わないだろうな? セルゲイの不人気さと共に、意味ある描写だったんだよね。

 

遊戯王アーク・ファイブ / 幻奏の音姫プロディジー・モーツァルト(スーパー) / ザ・デュエリスト・アドベント/シングルカード


 トラップで上級モンスターを召喚し、デュエルは圧倒的に柚子有利で進んでいく。攻撃力0のモンスターを攻撃表示で召喚し続けるセルゲイに周りも呆れていたんだけど、ここはあんまり好きじゃない。デュエルが強い設定であるはずのセレナでさえ侮っていたのはやりすぎかなあ、と。名無しの観客に言わせればいいじゃん。強めの警戒させとこうぜ……

 それはともかく、セルゲイのモンスター、デザインアドやばい! 茨の囚人(ソーン・プリズナー)、OCG化したらぜひ組んでみたいなあ。自分のライフ減らしながら戦うの嫌いじゃないし、デザイン最高だし、デザイン素晴らしすぎるし。
 特に《茨の囚人 ダーリ》がよかった……車輪に逆さの状態で縫い付けられた女性……茨でぐるぐる巻き、猿轡のようにも噛まされてるの最高。唇から鮮血を滴らせてほしすぎる。不気味な良さを表現する語彙がむぎょに足りない。とにかく良いんだ。

 セルゲイは柚子の猛攻をモンスター効果で防ぎ続ける。ただしそれは自分のライフを少し削らなければならないんだけど……セルゲイの身体を茨が締め付けるようにダメージを与える。苦悶の表情を浮かべている……と思いきやなんだか悦んでる? あれ? 私の幻覚か? と思ったらそうでもなかった。


 遊戯王はなぜだかよく男を緊縛・拘束したがる。触手で、鎖で、闇の力で、そして茨で。特にZEXALでは正確なカウントしてないけど確実に2桁は縛ってる。そのうち女性キャラは2回だけで後は全員男子。一方ARC-Vでは収容所編で手錠のみだったんだけども……


 縛られて悦んでるのはシリーズ史上初めてだよ!!!(日曜夕方5:30放送です)

 これで女性だったら視聴者的にはまだギリギリよかった(PTA的にはアウト)なんだけども、ガッチガチでムッキムキの屈強な男性が恍惚の表情を浮かべているんだからやっぱり遊戯王は揺らがないなあと思いました(小並感)

 ここでセルゲイは1+1で《茨の戒人(ソーン・オブザーバー)ズーマ》をシンクロ召喚したんだけど、その召喚口上もマジもんのド変態だった。

”歪曲した煩悩をさらけ出し 茨に肉塊を委ねよ”

 



 ヤバさしか詰まってない。歪曲してる自覚あるんだ……へえ……

 あとね。肉塊ってねえ。男性向けでも女性向けでも見かける隠喩じゃないですかーーーーーーーー!!!(ナニの隠喩とは言わない)すげえよく見る! すげえよく使われてるよ! 大丈夫かこのアニメ!?

 そしてズーマの効果で、全てのモンスターに茨カウンターを置かれる。柚子のモンスター(女性型モンスター3体)が全員茨に縛られるっっっ! 俺たちはこれを待っていたぁ! (ただし実況では「女の緊縛とか珍しい」と囁かれていた模様)

 カウンターを置かれたモンスターは攻撃できず、バーンが発生する。これが狙いだったのか……と思いきや次の瞬間、セルゲイもバーンダメージ(もちろん茨による緊縛)を受けるというね!? これにはメリッサさんもドン引き。

 柚子は融合で難なく突破したかに思えたが、またもライフを削りきれなかった。しかし、セルゲイはコストを払いすぎてライフが風前の灯。
 セルゲイの怪我を見て、柚子はデュエルの中止を求めるも周りは聞き入れない。傷つこうがどうなろうが勝負は勝負だというシンクロ次元、価値観がブレてなくていいね。

 柚子の気遣いを受け、ここでセルゲイが本性暴露。

「勝とうと必死な顔より勝ったと確信した顔をぶっ潰す。最高に美しい」

 …変態かと思ったらより高度な変態だった。(変態だー!のAAを取り出しながら)

 セルゲイはシンクロモンスターを含む3体を融合。《茨の超越戒人(ソーン・オーバーザーバー) ヴァン・ダーリ・ズーマ》を融合召喚した。
 このモンスターは、攻撃力が(2500-自分のライフ)×2となる効果を持つ。つまり、ライフが低ければ低いほど強くなるモンスターだ。さらにライフを100払い、相手モンスター1体の攻撃力を100にする効果も持つ。アニメではワンショットキルに特化した凶悪なコンボ、全てがこのための布石だったというわけだ。

 攻撃の描写がすさまじく悪趣味で素晴らしいんだなこれが。

①相手モンスターの攻撃力を100にする効果→柚子の融合モンスター(少女型)を茨で磔にする
②攻撃力4800のモンスターで攻撃→茨のトゲつき車輪で少女型モンスターを正面から轢き潰す

 いやあね、血しぶきなしでよくこれだけのグロ描写できるなあと関心しちまったよ。PTAどころかBPOから苦情来てもおかしくねえよ……(遊戯王ARC-Vは過去にデュエル中の暴力行為シーンで警告受けてる)

 攻撃回避のアクションカードにすがる柚子! しかしセルゲイもそうはさせない。妨害の仕方もエグいっていうか普通に一回り以上大きさが違うデカイバイクで物理的に防いでくるから。

 当然柚子のバイクはクラッシュ、コースから脱落して思いっきりビルに突っ込み黒煙があがる大事故に……

 何が怖かったって、柚子視点であろう映像が見えたんだよ。ビルに突っ込んで、ガラスまみれになって、店の中で突っ込んで爆発するっていう一連の流れが描写されて、ガチでヒヤっとしたもん。本物のバイク事故じゃん、って。

 現実だったら確実に死んでるんだけど。デュエリストはやたら頑丈だからなあ……ここでヒロインガチ死亡はさすがにないかなあ……そして主人公のメンタルが今度こそ粉々なんだけどどうしようね? このままあのガチめな革命家と戦うの? ……大丈夫か???

 次回予告で更なる衝撃、ここで最初の演出複線が回収される。「敗者だから、町のみんなは誰も助けに行かない」
 怖い……シンクロ次元怖い……たとえさっきまで応援していた女子中学生でも、敗者になれば誰も興味を示さなくなるんだよ……

 

  とにかく怒涛の30分でした。脚本は真ゲス回の広田さん……あなたか、納得。

 



おわり

 

[スペシャルトークショー応募券付き] 遊☆戯☆王ARC-V TURN-1 [DVD]

[スペシャルトークショー応募券付き] 遊☆戯☆王ARC-V TURN-1 [DVD]

 

 みんなARC-V見よう。