むぎょっていこう

むぎょの日常と遊戯王と腐女子ネタの長文。

スポンサードリンク

年間25000円どころかアニオタも基本無料な時代


 むぎょだよ。リア充じゃない方のオタクだよ。

 ZIPの特集がめちゃめちゃ話題になってる。yahooニュースにもなってる。


 ニュース曰く、昔ながらのキモオタが減った代わりに「リア充なオタク」が増えているんだと。

特に大きな違いが「年間消費額」と「ファッション」で、2000年代中盤のオタクが年間約10万円を趣味に費やしていたのに対し、2013年のオタクは これが年間2万5000円に減少。見た目も普通にオシャレな人が多く、昔のような「見るからにオタク」な人はいまや少数派なのだそうです。特集内では「リア充オタク増加の理由」として、インターネットが普及したことで情報が手に入りやすくなり、趣味に費やす金額が減ったことを挙げていました。

日テレ「ZIP!」で「リア充オタク」特集 「それはオタクじゃない」など議論に (ねとらぼ) - Yahoo!ニュース



 この内容から「それにしても年間25000円は安すぎだろ」「月額でも足りねえ」という意見が噴出。「むしろ月10万でも足りぬ……」という剛の者の意見はさておいて。

 むぎょは考えた。

「現代はむしろ一銭も使わずともオタクできるんじゃねえの」


 そもそもオタクと一口に言っても様々なジャンルがある。アニオタや漫画オタ、映画オタ、鉄オタ、軍オタ、スケオタ、Dオタ、文具オタ……それぞれの世界にも細かな系統の違いもあり、界隈を一くくりになんか決してできないけどね。野球ファンだって巨人ファンと阪神ファンはまとめらんないでしょ。

 ここではポピュラーな「アニメオタク」に絞って、無料でできることできないことをあげつらってみた。

 

目次

 

アニメオタクが基本無料でできること

アニメ本編を見る→テレビもしくはネット環境があれば基本無料

 放映されているアニメはテレビがあれば見られる。大抵のアニメはニコニコなどの動画サイトで1週間無料で見られるようになってるよね。数年前まで考えられないことだったんだけど。

 

 

アニメの感想をやりとりする、考察を披露する→ネット環境があれば無料

 インターネット様万々歳ですわ。Twitterなどで気軽に語れるっていうのは本当にありがたい。独自解釈の感想を壁打ちしてると話しかけられたりもする、そこからファンのコミュニティに繋がりができる……いい時代になったもんだ。

 

 

アニメを原作にした二次創作を作る→無料

 イラストも漫画も小説も紙とペンさえあればできる。発表するならPixivっていうめちゃくちゃ便利なツールもある。デジタルの製作環境は有料ツールが優勢だけど、こだわりがないなら無料ソフトでも全然。私はPixia使ってるよ。最近はタブレット端末にも無料漫画製作ツールが入るそうだね~スゴい進歩だ!

 関連記事

 

www.alwaysmugyo.com

 

 

ComicStudioPro 4.0

ComicStudioPro 4.0

 

 有料なのだと結構なお値段はする。




 こう見ると、基本的なことはできるようになってきている。独自の世界観やキャラ考察、二次創作までするんだったらオタクと呼べないなんてことは決してないのだけれど。「基本無料、アプリ内で課金コンテンツがあります」みたいなスマホゲームの姿がダブるね。

 スマホが普及してスマホゲーが流行ったように、テレビやネットが社会インフラであるからこそ基本無料でもオタクができるようになっているようだ。二次元コンテンツが以前より身近に触れられるようになったからこそ、一般人のゆるいオタク化、リア充オタクの誕生、みたいなところがあるかもね。


 

 

アニメオタクが無料でできないこと

ブルーレイ、DVDを買う

 アニメの商業的な価値を多く閉めるのが円盤の売り上げだ。初動の数字を少しでもよくするため、映像のおまけコンテンツが当たり前になってきている。豪華声優が参加するイベント優先チケットも封入される。全巻購入特典というのもある。

 

ラブライブ!μ’s Go→Go! LoveLive! 2015~Dream Sensation!~ Blu-ray Memorial BOX

ラブライブ!μ’s Go→Go! LoveLive! 2015~Dream Sensation!~ Blu-ray Memorial BOX

  • アーティスト: μ’s,西木野真姫(Pile),小泉花陽(久保ユリカ),絢瀬絵里(南條愛乃),東條希(楠田亜衣奈),矢澤にこ(徳井青空)
  • 出版社/メーカー: ランティス
  • 発売日: 2015/09/30
  • メディア: Blu-ray
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

 

 

関連グッズを買う

 続いてメーカーに寄与できるのがグッズの購入だ。クリアファイル、缶バッジ、ラバーストラップ、フィギュア、アクセサリー……ジャンルによって千差万別。キャラ別に人気投票感覚で購入、重すぎる愛を示すために無限回収と目的も様々。

 

 欲しすぎる

 

 

 関連記事

www.alwaysmugyo.com

 

同人誌を買う、作る

 同人誌即売会は夏コミや冬コミだけではない。ジャンルを問わなければ、小規模なイベントは全国各地で頻繁に行われている。特に東京だと週に1回は普通。大阪や名古屋など大都市圏も結構な頻度で行われている。地方格差がひどいので交通費も高い高い。通販でも買えるけど、おまけがつかないことも多い。

 ちなみにむぎょは年4回ほど出陣して1万は確実に使うから、年間25000円は余裕で越えるよ。

f:id:alwaysmugyo:20151009202251j:plain

 こういう箱があと2つある。いずれも薄い本でギッチギチだよ。

 

 

 あと同人活動について。コピー用紙で作るだけならそんなに費用はかからないけど、ちゃんとした本の形にするため印刷業者に頼むところがほとんど。個人での小部数だから値段はそれなりにする。装丁にこだわると天井知らずに値段があがっていくぞ!

 

のうぜい! ~同人作家のための確定申告ナビ~

のうぜい! ~同人作家のための確定申告ナビ~

 

 確定申告やんなきゃいけないほど稼げるサークルなんてほとんどいないけどな!


 



 猛烈にお金を使うことがオタクの絶対条件ではないけれど、お金を使わないとコンテンツが廃れていくのは確か。かといって、たくさんお布施する人が偉いというわけでもなく。無課金とヘビーユーザーの両方を大事にしないといけないなんて、ますますスマホゲーだなあ。
 金欠でもそれなりにオタ活できるような世界が素晴らしいのは確かだけど、やっぱりある程度お金を使ってから見える世界もある。そういうところはブログと一緒かもね。

 アニメっていうコンテンツは受け取る人によって価値が大きく変動するものだから、「こんなに素晴らしいものが無料で見られていいのかしら!?」という作品に出会えるときがあるよ。その感動に対するお礼として、大きいお金をポンと払える器を持っているのがディープなアニオタという人種だ。限りなく純粋で不純な物欲の中に、感謝の意をそっとまぎれこませて――オタクは今日も経済を回す。



おわり

 

同人誌ケース

同人誌ケース

 

 今使ってる箱がそろそろ限界なんだよなあ…