むぎょっていこう

むぎょの日常と遊戯王と腐女子ネタの長文。

スポンサードリンク

「女のオタク=腐女子」ではない! 現役腐女子がオタクを分類


むぎょだよ。同人誌の片付けが一向に進まない。


腐女子という単語も、ネットで広く知られるようになってきた。

しかしそれでも、他の人にとってはまだ未知なる単語だ。言葉の意味を勘違いして使ってしまうことがあるかもしれない。

なので、腐女子歴:十数年のむぎょがざっくりと女性のオタクを分類してみるよ。心の内に秘めておくだけでも、大分世界が違って見えるんではないかな。


今回は「二次元の、女性の多い界隈に生息するオタク」を分類する。三次元まで含めるとちょいちょい煩雑というか私がわからないからね。もちろん少数派ながら男子もいるぞ!

 


属性はおおまかに5種類。腐女子、百合好き、男女CP好き、夢好き、その他に分けられる。


①腐女子

この中では一番有名な属性。男性同士の恋愛、いわゆるボーイズラブ(BL)をたしなむオタク。
BL作品の分類として、「初めからBLが前提となっている恋愛物語(商業BL)」と「既存のマンガやゲームをBLへパロディさせた二次創作」があり、どちらかを主食とするかで大きく異なる。もちろん両方好きな人もいる。
基本的に掘る方が攻めと呼ばれ掘られる方が受けと呼ばれる。全年齢の作品では考えるな、感じろ。

 

 

②百合好き

女性同士の恋愛であるガールズラブ(GL)を愛する趣向。こっちはどちらかというと男性向けの方が多いかもしれない。腐女子より攻めと受けを重視しない人が多いイメージ。

 


③男女CP好き

少女マンガはもちろん、二次創作でも男女の組み合わせを愛するオタク。エロに特化したものだけではなく、ほのぼのとした作品までカバーする。ぶっちゃけ腐女子や百合好きと変わったところは特にない。女性が攻めに配置されることもある。
BLやGLと対比させてノーマルラブ(NL)という呼称もあるが、最近は「男女だけ『ノーマル』ラブというのはいかがなものか」という論調が強く、この表記はあまりオススメしない。


④夢好き

ドリーマーとも呼ばれる、インターネットと共に生まれた比較的新しい属性。ヒロインの名前を読者の好きな風に、つまり読者自身の名前に変換するプログラムが使われた小説を愛好する人たち。キャラ同士ではなくキャラと自分の恋愛を楽しむ。


⑤その他

以上のどれにもあてはまらない人ももちろんいる。この分類方法はあくまで「恋愛が組み込まれた作品を愛好する・もしくはどんな作品も好みの恋愛に落とし込む」多数派のオタクを分けるためのものであり、無理に恋愛させる必要もない。
キャラの誰が恋愛しようが知ったこっちゃないが、キャラクターがひたすらご飯を食べる作品は大好き。そういう人はオタクと呼べない、なんてことはまったくない。



以上の5属性がある。もちろん複数、あるいは全てを兼ね備えているオタクもいる。
ちなみにむぎょは「腐女子かつ男女CP好き」な二次元オタクだよ。各属性の説明文の長さでわかっちゃったかな。百合は読めるけど自分からは頭をつっこまないし、夢はやや苦手なところがある。その他の部分に関しては、キャラの使う遊戯王デッキを妄想したりすることがあるね。ニコニコで架空デュエルタグはたまに巡回するよ。



どれも正直人を選ぶ趣味だ。「BLは好きだけどそれ以外は受け付けない」オタクもいれば「全部おいしい!」っていう雑食もいる。だからこそお互いの好みを尊重して住み分けなどを徹底しているけど、それでも共存できる場所もあれば軋轢の絶えない戦場もある。

この記事は本当に雑に分類したものだ。人外フェチやハッピーエンド主義者などもっと細かく分けるとなると、それこそオタクの数だけ種類があることに。これだけで全てを理解した気にはならないでほしい。

好き嫌いの激しい場所だから、知らず知らずのうちに地雷を踏んでいた……なんてことはオタク同士でもよくあることなのだから。


正直なところ、同類以外はあまり近づかないほうが無難だぞ!(どうしようもねえ)




おわり