むぎょっていこう

むぎょの日常と遊戯王と腐女子ネタの長文。

スポンサードリンク

理不尽によって得てしまった鈍感力、失った共感力


むぎょだよ。クーラー涼しい。

 
 
 
おとといは久しぶりに怒りを爆発させた。むぎょ的には結構珍しいことだ。

 

alwaysmugyo.hatenablog.com

 

何せ私はめったなことでは怒らない。否、怒れなくなってしまった。
 
どうして私が怒らなくなってしまったかというと、原因は幼少期まで遡る。
 
当時の私は正義感の強すぎる子供だった。給食をよそう列に割り込まれると、悔しくて泣いた。何か理不尽なことがあると、そんなことがまかり通ってしまう世界が悲しくて悲しくてしょうがなくてとにかく泣いた。
中学校で初めて遭遇したいじめのきっかけも、私の強すぎる正義感だった。
ショックが大きかったのは、中学校での英語の授業中。確か、「英語の先生がキモいと思う人!」という文と、いくつかの正の字が手紙でまわってきた。これはあんまりだ、とその場で立って先生に渡した。もちろん先生は怒って授業が説教の時間になった。
翌日、私の下駄箱から上履きが消えていた。わざわざ二階のベランダに放られていたのだ。

alwaysmugyo.hatenablog.com

 

 
小学校や中学校で私を襲う理不尽の嵐はどうしようもなくすさまじかったんだろうなと思う。どうして他人事のように語れるのかといえば、みんなみんな忘れたくて忘れたからだ。
 
もっとおぞましいことがあったはずだけど、具体的には思い出せないし思い出したくもない、ただただ「もっとひどいことがあった」というもやもやとした残りかすのようなものがあるだけで実態が抜け落ちている。
 
私がいじめの傍観者だった実感もぼんやりあって、忘れでもしないと今の倫理観との乖離で苦しむからじゃないだろうか。
 

 

f:id:alwaysmugyo:20150723200333j:plain

そんな昔があったから、いじめやスクールカーストを取り扱った作品を見るとボロボロ泣いてしまう。現に、中学の卒業記念に見たウィキッドの前半(緑色の肌をした主人公が迫害される)で周りが引くほど号泣した。
ミュージカル「ウィキッド」劇団四季版

ミュージカル「ウィキッド」劇団四季版

 

 

前のバイトの食堂で流れていた35歳の高校生のいじめ描写をテレビから三メートルくらい離れてみてもうるっときてしまったりな。
35歳の高校生 DVD-BOX

35歳の高校生 DVD-BOX

 

 

フィクションの世界はなんとか見ることができるど、むぎょ自身の周りに散らばる理不尽はどうしても見たくなかった。自分勝手にも程があるけど、存在自体が許せなくて、無力な自分も許せなくて、不条理な目に遭う人たちがそこかしこにいるという現実を直視できなかった。
 
怒りっていうのはものすごくパワー使うし自分の心もがりがり削っていく。怒りからの行動で理不尽が変わるなんて奇跡はそうそう見たことがなかったから、怒ることは無駄しかないと思っていた。だからせめて泣いたらすっきりするように悲しみに転化したんだと思う。
その悲しみにも耐えられなくなると、今度はひたすら鈍感になった。悪いことには気がつかなければいい。悲しいものから遠ざかればいい。当時の私はそう判断したみたいだ。
これらの行為は無意識下のため、現状から推測するしかない。今ではハーレムラノベの主人公を笑えないレベルで鈍い。
 
鈍感な自分を特に意識するようになったのは、Twitterを始めてから。
日々たくさんの情報に触れていく中で、私が当たり前のように享受していた情報によって傷ついている人がたくさんいた。
性別その他生まれ持ったもの、嗜好……特定の属性の人を蔑視するような表現が組み込まれたものを、違和感なく受け入れていたことに気がついた。
理不尽に傷つけられている人たちが、私の前で再び可視化された瞬間だった。
 
Twitterは本当に便利だ。見たくない、聞きたくないものはブロックすればいいんだもの。
そうして、気の合う仲間だけがタイムラインに残って、考えがますます極端で尖ったものになりゆくのだ。
 
……そういうのが怖いから、私は基本的にミュート・ブロック機能を使っていない。興味の範囲外、自分が目を背けてしまいそうなものだろうが勝手に流れてくるところがTwitterのいいところでもあるのだから。
 
 
 
被害者になる以上に加害者になりたくない。かつて最も嫌悪した存在と同じものにだけはなりたくない。
 
めったなことでは傷つかないマイペースでどっしりした人にはもちろん憧れるが、人の苦しみをわかってあげられる人にもなりたい。
 
あの日自分に差しのべられなかった手を忘れないように。
 
 
 
 
 
おわり
ライフ DVD BOX

ライフ DVD BOX

 

 いじめの悲惨さを伝えるたびにいじめの方法をも周知させてしまう