むぎょっていこう

むぎょの日常と遊戯王と腐女子ネタの長文。

スポンサードリンク

【遊戯王】お金とゲームは「信頼」でできてる【刀剣乱舞トレパク問題】


むぎょだよ。チヂミおいしい。

今日はKONAMI株主総会だね! 現時点で情報が全然流れてこないんだけど、まだ終わってないとか……?
メタルギアソリッドシリーズとか桃太郎電鉄とか、ゲームに関する不穏な動きが多いんだよね。モバイルでガンガン稼ぐのもいいけど、せっかく名タイトルの版権が揃ってるんだからちゃんと生かしてほしいところあるよね。

遊戯王もどうなるのかわからないね。個人的に、アニメは主人公が全然かっこいいと思えないしシリーズ構成の人もあまり好きじゃない。だけど、権現坂と黒咲さんとヒロインズが好きだから見てる。
他の人も色々あるだろうけど、数々のふるいにかけられて残った過去作のファンは今更視聴をやめることはないだろうし、クロスオーバー展開でなんだかんだ注目度は高いよね。
過去のカードを次々にOCG化して大人の購買欲をくすぐってくるのも悪くない。Twitter広報の雑ささえ正してくれればいいんだけど。あれまさか一人二人で管理してないよね。最低でも四人くらいのチェック体制は整っててほしいんだけど。

どんなにデカい企業がどんなに人気のコンテンツを作って売っても、それをぶっ壊すのは本当に簡単だ。
だからこそ、誠実な対応が求められる。つまらないことで人気が失墜して焼け野原になったコンテンツは、過去を振り返れば無数にあるんだ。

コンテンツにおける「信頼」の重要さについて語ろうと思います。

 
例えば、お金。日本銀行券は無人島ではただの紙だ。ハイテクな印刷技術が盛り込まれていても、やっぱり紙は紙。
それが紙幣、通貨として利用できるのはひとえに「信頼」のおかげだよね。私たちが外国のお金を見てイマイチ価値のピントが合わない感じになるのを考えるとわかりやすいだろうか? ドルとかポピュラーなのは脇に置いといてね。「とりあえずこれは紙幣なんだろうけど、日本円にしたら一体いくらなんだろう……?」と少なからず考えるはず。日本人は日本円をよく使うから信頼できるだけで、遠い国のお金とは接点もなにもないから信頼関係が築けてないからなんだよ。 最近だと超弩級のインフレ通貨だったジンバブエドルが廃止されたけど、あそこまで極端だとお金というよりギャグだよね。

遊戯王カードも同じことが言えるんだ。イラストと文字が印刷されただけカードは、原価を考えるとばかばかしくなるほどに高い。
だけど、共通のルールと楽しみ方を前提とした「カードで遊べる人」が一定数いることによってカードは非常に大きな価値を持つんだ。ルールの上では対等に戦ってくれるという「信頼」があるからこそ、ただの紙に価値が宿る。

例えばこのカード。

 

遊戯王 日本語版 VP14-JPA01 EMペンデュラム・マジシャン (シークレットレア)

遊戯王 日本語版 VP14-JPA01 EMペンデュラム・マジシャン (シークレットレア)

 

 


このグラフを見て欲しい。
EMペンデュラム・マジシャンの価格変動グラフだ。

f:id:alwaysmugyo:20150626224728p:plain

EMペンデュラム・マジシャン(Secret) : 価格変動履歴 - 遊戯王☆カード検索


このカードはVジャンプの応募者全員サービスで確実に手に入れられるものの、入手できる期間が限られているために元々価値が高い。さらに、どこかの大会で魔術師デッキが優勝したことによりペンデュラム軸を組みたがる人が続出。

さらにさらに、新弾ストラクチャーデッキの「マスター・オブ・ペンデュラム」で相互にサーチできる「EMドクロバット・ジョーカー」の登場により極限まで需要が高まった。値段がどんどん釣りあがり、ついには4000円越えを果たした。

 


カード1枚4000円の世界を想像できる人は非常に限られていると思う。しかし、カードショップがその値段で売り出している事実がある以上、こんな値段は妥当になってしまうものなのだ。

私がショップで買った一番高いカードは、3000円の旧神ノーデン。

 

 

私のZWホープデッキとめちゃくちゃ相性いいんだよねこれがぁ!

 

alwaysmugyo.hatenablog.com

 


今見たらいくらだったと思う?

f:id:alwaysmugyo:20150626225111p:plain

旧神ノーデン(Super) : 価格変動履歴 - 遊戯王☆カード検索


3000円はまだ安い時期だったんだよ……

他のカードだともっとスゴいデータもあるから、色々見てみると面白いよ。

強欲で謙虚な壺(Ultimate|英語版) : 価格変動履歴 - 遊戯王☆カード検索



上の説明で、貨幣だけでなくゲームの世界においても「信頼」が重要なのがよくわかったと思う。普通の人だったら「詐欺師め!」と怒り狂うような値段であってもデュエリストが受け入れられるのは、共通のルールの上で遊べるという信頼あってこそなのだ。

しかし、信頼関係の構築に失敗したゲームももちろんある。
今流行の「刀剣乱舞」だ。
有名企業とクリエイターのコンボによって爆発的に売れ、関連商品も続々と出ている状況。舞台化も決定して、ノリに乗っているんだけど……ゲーム内の素材で大量に無断トレース使用、通称トレパクが問題になった。
お弁当の写真からキャラの立ち姿まで様々なトレースが判明し、求心力がここにきて右肩下がりとなっている。

wanew.blog.jp


トレース=即時に法律違反と決まるわけじゃない。
裁判所が二つの作品を参照して、「元作品の持つ創作性を侵害している」すなわち、作品の持つ個性を奪っちゃったと判断されて始めて著作権法違反となるのだ。

実はトレースだけでなく、水墨画の色調変えただけのコピーもあって、さらにその絵柄が商品として販売された(現在は販売停止っぽい)んだからさあ大変。


しかし、ファンにとってはそれが有罪だろうが無罪だろうがあまり関係がない。自分が楽しく遊んでいたゲームが、一部でも人道に外れた作り方をされていると知ったら……もう純粋にプレイできなくなってしまうのだ。
ファンによる「無断トレスした部分の差し替え要求コール」は日に日に大きくなっていくにも関わらず、公式からは続々とコラボ商品のお知らせが届くというイライラせざるを得ない状況である。
ゲームが不当な方法で製作されていたという最悪の裏切り方で、刀剣乱舞の運営・製作に対する信頼は大幅に下がってしまった。個人的な範囲だが、課金やグッズ購入を躊躇する人もちらほら見かけている。
もう何度でも言うけど、可及的すみやかな調査と報告をお待ちしております。

信頼は地道な積み重ねでしかできない。だが初対面の人だろうが何度会った人だろうが突然頭を撫でられるのがイヤなように、積み重ねに加えて互いの好意ベクトルが相手に向いていないと成り立たない。「奪ってやろう、搾取してやろう」と企業が足元を見ればファンはそっぽを向くし、逆に「ケチってやろう、タダ乗りしてやろう」と正当な方法で商品を手に入れないと結果として次の商品が出なくなる。
世の中には様々な裏切りがあるけれど、それを他山の石として。どんなものにもいい信頼関係を築けたらサイコーな世界だと私は思った!



おわり(企業のことなんて考えずに、まっさらな気持ちでゲームがしたい。)

 

 バトルシティ編の録画溜まってるから見なきゃな~