むぎょっていこう

むぎょの日常と遊戯王と腐女子ネタの長文。

スポンサードリンク

我慢こそ甘え。テスト前に夏休みの予定を考える甘ったれでも生きていける世界


むぎょだよ。なんかずっと左中指の爪が食い込んで痛い。

大学の課題やESの期限がまとめて迫ってきてて、そろそろ危ない気がする。「まあいいか後にしよ。無理に頑張ってストレス感じる方がダメでしょ」とか思ってたらこのザマだよ。わりと切羽詰った現状。大学もこの堕落さからも卒業したい。留年が決まっても休学したい。

最近目指しているのは、「甘ったれでも生きていける環境」。

 

逃げるな、驕るな、甘えるな!  (日経ベンチャーVブックス)

逃げるな、驕るな、甘えるな! (日経ベンチャーVブックス)

 

 


いやなことを極力減らして、数少ない長所をフルに活かして生き続ける方法を模索しています。
例えばアフェリエイトなんかその代表だよね。自分の書いた日記にリンク貼り付けるだけでちょっとずつお金が入ってくる。めんどくさいところは全部Amazonがやってくれるからラクチン。文章書くのが苦痛じゃない自分にとっては、最高の稼ぎ方でござる。
今はまだ全然費用対効果がすさまじく悪いけど、なにもせずにずっとゼロのままよりは断然いいよね。そのうちフラっと電子書籍とか出すかもしれないから、見かけたらぜひ無料期間中にダウンロードしてね。

収入上げるために色々とサイトのレイアウトも試行錯誤してます。どんなに小さいことでも気づいたら「ああ、頑張ってるな」って褒めて褒めて!
自分の人生で必要ないなって判断したものには頑張れないけど、ダイレクトに影響されるってわかってる行いはどんどんやっちゃえるのが人間ってもんだよね。回り道も最短距離もそんなに変わんないのにね!

 


話変わるけど、テスト前だっていうのに夏休みが今から楽しみなんだよね。

 

alwaysmugyo.hatenablog.com

 

就職活動が最盛期に入って忙しくなることは重々承知してるんだけど、それでも学期中よりは自由なはずだから。時間をかけて色んなことをじっくり取り組んでみたいねえ。「完全に自由な生活」の体験というか練習ができるってのも大きい。ここで「やることねえ暇だ」ってなったらアウトだもんな! なんのために生きてるんだって話だもんな!
とりあえず母方の実家には顔だすつもりです。もしかしたらそのまま農家になるかもしれない。わりと真剣に考慮してる。体力には一番自信がないけど、食べ物を作るお仕事には興味があった。どんなに貧乏でも飢え死ぬ可能性が低めだから。お金も大事だけど、食べ物はもっと大事だもの。

夏休みの理想として。朝早く起きてご飯食べて歩いて図書館行って本借りて、カフェでなくてもいいからどっか涼しい場所で文章書いて、夕方にまた歩いて帰って夕飯食って寝る、そんな生活がしたい。ただ昼ごはんを外で食べるとお金がどんどん減っていくんだよね。お弁当作るか……?
もうちょっと涼しい季節だったら昼から外出するんだけどね。正午の日差しを浴びながら歩くのはキツい。

これまでの私にとって夏休みっていうのは、図書館の本をひたすら読む期間だったり、部活に精を出したり、家に引きこもる期間だったのさ。
だけど、これからは「毎日が休み」みたいな生活が欲しい。我慢して働く努力をするよりは、我慢してラクな生活を掴み取る努力をしたい。


 「甘えるな。我慢してやりなさい」とかいう人には、「『我慢してやれ』などと甘えるな。もっと自分に対して厳しくして、好きなことでお金も手に入る、そんなもっと難しい道に挑みなさい」って言いたくなるでしょ(笑

一番楽しい道を選べばいい、というお話 – あやえも

 


中村あやえもん氏の言葉で好きなものの一つがこれ。教祖から距離置くっつった一週間後にコレですよ、というわけではなく、ずっと記事にしたかっただけ。
「就職したらお先真っ暗」なんて思っちゃいない、けれど父親や母親や世間の考える幸せと私の幸せは違うなあと感じているだけなんだ。この前も長生きしてえなあとか言ったけど、定年まで働くために長生きするんだったら三十代までぷらぷらしてそのあとに苦労するなり死ぬなりしたいのだ。さすがに二十代では死にたくない。頑張れたらずっと生きるし頑張れなくなったら穏やかに息を引き取る、そんな人生を送る予定だ。

 

 



おわり(十年後もゆうぎおうはあるだろうか……それだけが心配だ)

甘ったれうどん (12袋入り)

甘ったれうどん (12袋入り)

 

 面白い名前だな……どんなうどんなんだ……