読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むぎょっていこう

むぎょの日常と遊戯王と腐女子ネタの長文。

スポンサードリンク

ゼミで使う教室とエアコンの話


むぎょだよ。そろそろ日差しがうっとおしい季節。

曲りなりにも大学生ですから、いわゆるゼミというものに所属しております。友達がほとんど一緒ですし、他のメンバーも明るくて優しいし、先生は菩薩だしで本当にいいゼミに恵まれました。

黒板の前での発表はなかなか気恥ずかしいし、やってる内容は本格的に難しいので毎週予習の時点でヒイヒイ言ってますが、先生や級友のサポートもありなんとかやっていけてる状況です。卒業論文のことは何にも考えていませんが、きっとなんとかなる気がしています。

最近ずっと暑いので、クーラーが必要になってきましたよね。ゼミで使う教室も例外ではなく、控えめですが冷房をつけています。

ただ、そのクーラーは時折ぎしぎしと音を立てるんです。四次元時空とかわりと真面目な解説をしている途中でも、んぎぎぎぎぎと空気を読まずにきしむのです。

 

さらに、じょぼぼぼぼぼ……と水の音が。家庭のクーラーだと排水はベランダ辺りに出されるのでしょうが、この教室はそれなりの高さがありますが、ベランダがありません。水を外に出せないのです。

 


排水がどこに行くかというと、教室の中の手洗い場です。そう、この教室にはなぜか、本当に小さな手洗い場があるんです。

蛇口も一個、水を受ける場所も小さめな謎の手洗い場。何に使うのかさっぱり分からないのですが、この教室には水道が通っているんです。チョークで汚れた手を洗うのか……? 自信がない。

エアコンには細いホースが取り付けられています。ホースは教室の天井付近を這い、手洗い場の上から垂直に進路をとっています。
図解するとこんな感じです。

f:id:alwaysmugyo:20150616215916j:plain



排水が出るたび、天井のホースを伝ってじょぼぼぼぼぼ……と手洗い場に水が出されるんです。もわりと多めの水が。

コレの何が問題かって、手洗い場、黒板のすぐ隣なんですよ。天井近くを通るホースの真下はほぼ黒板なんですよ。

しーんとしてる中、発表してる大学生が一生懸命式変形してるときでも容赦なくじょばばばばばって水音がしますからね。

笑うしかないでしょ。

じょぼぼぼぼぼぼぼって水が出るたびに、ゼミの中で確実に数人が「んふふふっwww」って笑い声を出してしまうんですよ。
すごい難しい問題に直面して、先生にヒントを出されても頭真っ白で何も思いつかないときに、真横でそこそこデカい流水音が聞こえるわけです。

笑うしかないでしょ……

現に私はいつも笑っちゃってます。どんなに発表内容に集中して黒板を注視していても、じょばばばばばばって聞こえたらすぐに反応しちゃいます。

たちの悪いことに、排水の頻度って少なくないんですよ。数えたことないんですが、少なくとも日に四度くらいはびちゃびちゃした音を聞いています。それに伴い、私は四回も含み笑いをしている計算になりますね。多いよ。
先生は私のすぐとなりに座っているので、あきれられてないか心配です。
来週のゼミでは排水の頻度を詳しく調べてみようかと思います。


なんで水が流れるだけで、あんなに笑っちゃえるんでしょうかね。演劇や漫才に利用できませんかね。


おわり(江雪さんが本丸にやってきました。やっと任務が全部埋められる……!)

 

 最近のエアコンって色々すごいらしいね