読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むぎょっていこう

むぎょの日常と遊戯王と腐女子ネタの長文。

スポンサードリンク

布教のできる電子書籍のプラットフォームが欲しい


むぎょだよ。血界戦線めっちゃ好き。

電子書籍ってめっちゃ便利だよね。私はkindleのみ使ってるけど、本当に素晴らしい発明だと思うよ。
スマホでもパソコンでも読む環境が無料で手に入って、簡単に売買できる。いい時代になったもんだ。

だけど、電子書籍で読むのはもっぱらビジネスだったり心理学だったり、実用書に限定している。メインのマンガや小説は、未だに紙の本を買い続けている。著者に入る印税は恐らく変わらないのだろう、しかし私はやっぱり印刷コストがかかる実物の本を買っている。
今まで本棚にあるマンガだけではなく、新しくシリーズで買うマンガですらわざわざ紙の本を注文している。

「紙の本だと布教ができる」という大きな理由があるからだ。

 
布教というと、自分が最高に楽しんでいるコンテンツを友人やその他の人間にオススメする行為だ。
オタクはここらへんとても重要視する。素晴らしい作品について話し合える友達が増えるからだ。
私がリアルでひたすら「六本木で遊戯王やろうぜ!」「卒業旅行は熊本で刀が見たい!」と話しているのはそういう理由だ。遊戯王と刀剣乱舞に引きずり込みたい一心だからだ。うるさかったらめっちゃごめん。

アメトークのキングダム芸人の回が非常にうらやましかった。放送終了後はAmazonの書籍ランキングがキングダムにジャックされたようになっていたらしい。

 

 

十巻無料キャンペーンの後TSUTAYAで全巻借りて、そのあとは全然読んでないし内容も忘れてしまった。だけど、やっぱりもう一度読みたいなあと思ってしまう。

TwitterなどSNSの普及で、作品の感想を語り合える人間はとても増えた。しかし、全人類がドラゴンボールやワンピースを読破しているわけではない。銀魂の作者も「年下のスタッフにジブリ見てない怪物がいる」とコミックスの新刊でぼやいていた。どんなに名作と呼ばれようとも、見たことが無い人間は必ず存在する。ちなみに私は最初の遊戯王を再放送でおっかけている途中なので、安易に原作のネタ降られると少し困る。まだ王国編終わってないんだ、バトルシティ編もまだなんだ

最近は「一話は無料」「コミックス一巻は無料」などもあり敷居は低くなってきたが、古本のこともありまだまだ紙の時代は続く気がする。
布教に当たって、紙の本ならそのまま渡せばいいだけだ。高校からの友達にハイキュー!!全巻貸してセッター沼に突き落としたことがある。

 

ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

黒尾にハマった彼女はまんまとアニメイトでグッズを買って及川を当てていた。物欲センサー怖い。
しかし、吸引力の変わらないただ一つのセッター沼も、作品を見なければ誰も落ちることはない。
私は伊達高沼と梟谷沼に片足ずつ突っ込んでいる状態だけど、仮にここで青根くんと木兎さんの素晴らしさを語ったら、一体何人がハイキュー!!に興味を持って原作まで見てキャラについて語ってくれるだろうか。黙ってコミックス渡した方が断然早いのだ。

電子書籍は布教にあたってとても不便だ。個人情報や不穏な予測変換の入った端末を長時間貸し出すという行為は、自分の脳みそを持ち運ばれているかのごとき不安が常に付きまとう。スマホ依存症とかそういう問題ではなく、不意に来るメッセージの通知を見られるのは普通に嫌だ。

「布教のできる電子書籍のプラットフォーム」が待たれる。ある作品を買って気に入った人が、さらにお金を払って友達に全巻のデータを渡す。このとき、おすすめしたい理由などのメッセージがつけられると好ましい。
友達は無料でマンガが読めるし、作者にもお金が入る。まさに誰も損しない世界。
問題は、「自分が読むため以外に、さらに払ってまで布教したいレベルのコンテンツ」を集めなければいけないところか。年齢制限のチェックも厳しくしなければ悪用待ったなし。
だが、少なくとも「名作なのに知名度がない!」という問題が解決することは確かだ。段ボールいっぱいのコミックスを送りつける手間もなくなるだろう。

マンガに限らず、ほとんどの娯楽は自分一人で楽しむだけではなくなった。感動を共有して解釈を話し合うことが気軽にできるようになったのは、通信コストが著しく下がった情報化社会のたまものである。
少しでも面白いものならどんどん拡散されるけど、一方で著作権の問題が高くそびえ立っている。クリエイターにお金が行き渡った上で、コンテンツを共有してみんなで楽しむという最高の世界を夢見ている。
プログラミングのできる誰かー! 出版社にコネクションのある誰かー! 待ってるぜ!!!


おわりキンドルで本出版したいなー専売なら売り上げの七割が入ってくるんだよなー)

 

Kindle自費出版完全ガイド

Kindle自費出版完全ガイド

 

 最近は面倒な手続きを無料で代行してくれるサービスあるよね