読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むぎょっていこう

むぎょの日常と遊戯王と腐女子ネタの長文。

スポンサードリンク

就活中の学生が天職を再定義する


むぎょだよ。ホープゼアル様いらっしゃったけど対戦相手がいない。

auのポイントが当たったよー」とメールが来て「ハイハイ釣り乙」ってなったけど念のため確認したら本当に1000ポイント来てたので、ずっと欲しかったけどタイミングが掴めなかった本を購入。

BORDER (角川文庫)

BORDER (角川文庫)

 

 年がら年中アニメばかりみていた私がずっぷりハマったドラマの小説。原案・ドラマ脚本の金城一紀さんが大好き。いつかSPも見なきゃ(使命感)みんなには著作全部読んで欲しいのですが、一冊選ぶとしたらSPEEDがオススメです。

こんな風に、のんきに気ままにやっていますが、就職活動中です。左足の薬指が靴ズレで水ぶくれできるレベルで歩き回ってます。単に靴が合ってないだけかもしれない可能性。

いやもう本当に労働したくない……この世に私が喜んでできる職業なんて存在するのだろうか、と競争率の激しいメインストリームを外れた場所とかも一応探してますが大体職歴が必要だったりするので真顔。

こうするとどんどん思考していっちゃうわけですよ。
「天職ってあるのか、そもそも天職とは」
今日はこのテーマについてです。

 


例えば、世の中にこんな仕事があったとします。

f:id:alwaysmugyo:20150603165657j:plain


「一日三時間、全力でサッカーする」

私は体力のない虚弱もやしなので、ぜーはー息切れしながら嫌々サッカーします。
では、この仕事を夏休み中の小学二年生あたりにこの仕事を任せてみましょう。
彼はサッカーが大好き。言われなくても全力でサッカーをやりだします。それどころか四時間、五時間と延々やりつづけます。もういいよ! って声をかけても聞いてくれないかもしれません。
彼にとって「一日三時間、全力でサッカーする」ことはまさに天職と言えるでしょう。

f:id:alwaysmugyo:20150603165703j:plain


同一の仕事でも、従事する人間によってまったく異なるものに変貌します。
楽しい嬉しいと思う気持ちや価値観は人それぞれであり、当然のことです。
これが、「遊戯王カードについて長文を書く」仕事ならば事態は反転します。私は希望皇ホープやZWについて語り倒します。
サッカーが好きな小学二年生は、もしかしたら遊戯王は好きかもしれませんが、私ほどの長い文は書けないでしょう。

f:id:alwaysmugyo:20150603165702j:plain

「労働こそビジネス」ではありません、「ビジネスが労働にも趣味にもなりえる」のです。

f:id:alwaysmugyo:20150603165700j:plain

理想形態がこちら。数ある趣味の中で一つでもビジネスに発展すれば御の字。


私の遊戯王語りだって、アフェリエイトを貼ってブログで公開すれば、少なからず金銭が発生する立派なビジネスです。実際、もう利益はほんのちょっと出ているのですが振り込まれる金額まではまだ到達していないので、それはまた今度お話します。

つまり、同じ行動でも「やりたくない、やらなきゃいけないなら嫌々やる」という人と「やりたい! ずっとやっていたい!」という人がいるわけで。パフォーマンスも後者の方がずっとずっと上なのもわかりますよね。後者を「天職に巡りあった人」と呼びます。

ここからは私なりの定義になりますが、ある仕事がうまくいっていくらお金持ちになっても、その仕事がイヤならそれは天職とは呼べません。人生の半分以上を不快な環境に置いているのは、生きていると言えるのでしょうか? お金と時間の天秤の問題になりますが、少なくとも私はいい人生とは思えないのです。

こんな理想論を並べていますが、私にはまだ自由に生きる見通しがたっていません。大学にも行くし就職活動もしている、嫌なものを嫌と言えない状態です。
好きなことで生きていくというざっくりした目標はあるのですが、「好きなことでお金を稼ぐ手段が思い付かない」「好きなことがまだあやふや」という点が大きな障害になっているのかも。
文章を書くことだってときどき嫌になるし、読書に至っては最近しょっちゅう集中力が切れるというお粗末さ。ただ、自由とは「好きなことをしない自由」「行動を変えられる自由」も含まれているので、むしろこの変調も受け入れる必要があるものなのですが。
本当に、今は、手探り状態です。ですが、ただ何のビジョンも見ずにいるよりは精神的にもだいぶ健全かと。近づいている実感もないのでそんなにパワーも湧いてこないのですが、まあゆっくり行こうじゃないかーと。

おわり(結局自分のことをしゃべりたいというね)

 

「天職」がわかる心理学

「天職」がわかる心理学

 

 外の問題だけじゃなく、心の問題でもあるよね