むぎょっていこう

むぎょの日常と遊戯王と腐女子ネタの長文。

スポンサードリンク

カップラーメンを作って食べて、ハーゲンダッツも食べて、進んだ日


むぎょだよ。ラーメン大好き。

 

自分でも何を思ったのかよくわからないけど、カップラーメンを作って食べる、ただそれだけの行為を写真と文章で説明するよ。したかったんだ。

 

よく考えると、人がカップラーメンを作って食べるところを目撃するなんて機会、大学以外であるのか? これは結構レアというか、盲点じゃないだろうか? そんな考えのもと、特に奇をてらう必要も感じなかったから、マジでカップラーメン作ってるだけになったよ。あとハーゲンダッツ食べた。

 話は昨日の夜に遡る。

父親が単身赴任から帰ってきて、両親が結婚記念日の食事に出かけた。

私と弟でメシ代1500円もらったから、弟には普通に肉多目のお弁当を買ってきた。

そして私は……

 

f:id:alwaysmugyo:20150225134057j:plain

 

コンビニで一番高いカップラーメンを買ってきた。

セブンプレミアム・中華蕎麦「とみ田」税込み298円。

 

安いカップラーメンなら2~3個買える金額だけど、好奇心には勝てなかったよ……

 

f:id:alwaysmugyo:20150225134111j:plain

作り方をしっかり読む。

袋が四つもあって、待ち時間は五分。パパっと食べられるのが利点なはずのカップラーメンにしては結構手間なんだが、プレミアムだからしょうがない。

 

f:id:alwaysmugyo:20150225134059j:plain

開封。

f:id:alwaysmugyo:20150225134118j:plain

袋が四つもあると壮観だね?

左上、液体スープ。右上、かやく。

左下、粉末スープ。右下、後乗せかやく。

 

お湯を入れる前に投入するのはかやくのみらしい。後は全部お湯のあとだってさ。

 

f:id:alwaysmugyo:20150225134117j:plain

麺の量はこれくらい。意外とあった。

 

f:id:alwaysmugyo:20150225134100j:plain

かやくを入れたよ。

なると、メンマ、チャーシュー。チャーシューのペラさは予想してたけど、メンマは入っていたのはうれしい。

ラーメンの具では、メンマが一番好き。メンマラーメンのマイナーっぷりがわからない。(一回だけしか食べたこと無い)メンマがあるだけで高評価です。

 

f:id:alwaysmugyo:20150225134114j:plain

お湯を入れて五分待つ。タイミングの悪いゾロ目。

液体スープを蓋の上であっためる。

 

f:id:alwaysmugyo:20150225134115j:plain

五分終わったら液体スープ、粉末スープ、後乗せかやくドーン!

液体スープはどろっとしてて、粉末スープはほぼ魚粉みたいだった。後乗せかやくはネギのようだ。

とにかく魚粉の香りがハンパなかった。馬場の鷹虎に負けない魚粉の香りだった。

 

f:id:alwaysmugyo:20150225134109j:plain

混ぜるとこんな感じ。チャーシューは簡単に破れ、なるとは麺の底から救えなかった。それでも、食欲がそそられるスゲーいい匂い。

この前買った箸でいただきます。

 箸の持ち方を矯正することになった - むぎょっていこう

 

f:id:alwaysmugyo:20150225134112j:plain

そして、別の日に買っておいた生ハムを取り出す。

 

f:id:alwaysmugyo:20150225151422j:plain

ラーメンのスープに浸す!

 

食べる!

 

マズかった! 想像以上にまずかった!

生ハムの塩っ気、ラーメンの濃い味のガチンコタイマンバトルがうるさすぎた。濃いスープのラーメンには薄味のチャーシューがいいらしい。

確かに、以前鷹虎で食べたチャーシューメンの肉は塩コショウのシンプルな味付けだった覚えがある。あれは理にかなった調理法だったのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

あ、ラーメンはおいしかったよ。

普通のラーメンスープとつけ麺のつけ汁、その中間みたいな濃さ。魚粉の風味が素晴らしかったね。麺も食べ応えあった。

すぐ食べ終わっちゃって、メンマとネギをちまちま掬うのもイヤになっちゃったから、スープ飲み干しちゃった。大分しょっぱかったけど、全身にラーメンの旨みが染み渡る感覚は嫌いじゃない。

 

f:id:alwaysmugyo:20150225134120j:plain

残りの予算でハーゲンダッツ! 弟がきなこ黒蜜食べて、私はみたらし胡桃!

胡桃入りアイスの上に柔らかいもちとみたらしソースがかかっておいしすぎた。

値段は食べたカップラーメンと同じくらいだったけど、やっぱりハーゲンダッツはうまい!

 

 

 

 タネあかしするとね、これはリハビリなんだよね。

「こんな不健康な食事のどこがリハビリなの?」って思われるかもしれないけど、身体のことじゃあないんだ。心の方なんだ。

 

「したいことをする」リハビリだ。

 

メシとアイス買って帰ってきたときはまだ両親が家にいた。

母親は案の定とやかく言ってきたんだ。

ハーゲンダッツ、もっと安いときがあるのに……」と。

私はこれが食べたかった。確かにあなたはお金を出してくれたスポンサーではあるが、メシとデザートを買えと渡されて特に逸脱した覚えもないし、割とこれで満足しているのだ。

 

以前の私だったら、もっと無難なものを買ってきていただろう。文句のつけようがない、普通のお弁当を。

 

しかし私は変わった! 自分の責任で、自分のしたいようにすると!

成人までして本当に情けなかった、自分の人生を生きることができなかった。

 

「カップラーメンとハーゲンダッツを食べる」という本当にささやかなことさえも、前進となりうるのだ!

「カップラーメンに生ハムを入れるとマズい」っていうのも、自発的に行った行為から得た知見としては最上級のものじゃないかと考えているんだ!

 

こうして、少しずつ自分のやりたいことをやるというリハビリをしている。自らを縛り付けていた見えない鎖を、一つ一つ解いていく作業だ。

刷り込み、過去、教育、思い込み。どの言葉が当てはまるだろうか、私が逃げるべきはこれら全てか。

 

じりじりとでも動けているのは、幸せだ。

 

おわり(カップラーメン一つでこれだけの文章を書ける能力があるとは自分でもおもわなかった)

 

 知らずに買ったけど、名店みたいだね