読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むぎょっていこう

むぎょの日常と遊戯王と腐女子ネタの長文。

スポンサードリンク

刀剣乱舞を例に、腐女子にウケる作品の条件を考察する


むぎょだよ。初めてオンラインゲームにハマったよ。

軽率に刀剣乱舞を始めて早一ヶ月。グッズ展開も即売会の開催もスピーディーに進んでいるようだ。
刀剣乱舞の何が腐女子にウケてるかっていうのがだんだんなんとなく見えてきたので、いくつか紹介したい。

形としては、要素を一つ一つあげていって、他の作品の例もガンガン出しながら説明しようかと。

男女カプ好きも夢小説好きもハマっているらしいが、文章量がさらに多くなってしまうので、ここでは腐女子に限定して語ろうと思う。


※刀剣乱舞及び文中に登場する作品は、あくまでも「ウケそうなこんな要素がある」ということを述べているのであって「ウケた理由はこれだけ」というわけではないので留意いただきたい。


もくじ
1、かわいそうなイケメンと救世主
2、昔の日本モチーフ
3、とにかく大人数
4、深読みすると欝・シリアスが増す設定

 
1、かわいそうなイケメンと救世主

ただのイケメンに腐女子は釣られない。「かわいそうな」イケメンを見れば、こぞって幸せにしてやるかさらなる絶望に叩き落したくなる。むしろかわいそうであればイケメンでなくても別にいい。

このゲームの人気トップキャラは「加州清光」。主であるプレイヤーに向けて「可愛いでしょ」「愛して」という言葉が目立つ、わかりやすいメンヘラっ子だ。
実はこの刀、沖田総司が使っていた刀で、「池田屋騒動のときに修理不可レベルにまで壊れて破棄された」という逸話が広まっている。
ソースがわからないのでこの噂の真偽は不明だが、「壊れて捨てられたから自分を可愛く見せて愛されたいのか……かわいそう……」となる。

同じく人気が高い刀が「山姥切国広」。霊剣「山姥切」の写しとして作られ、自分が本物でないことにコンプレックスを抱く刀剣男子。
演習すれば「相手は名だたる名刀ばかり、なのに俺は」と落ち込み、畑仕事に向かわせれば「写しには雑用がお似合いだ」と吐き捨てる。コンプレックスの塊みたいなやつで、そのネガティブさにハマる人が多い。
「お前はがんばってるよ! 大事な私たちの仲間なんだからさぁ~写しとかそういうの関係ないからさぁ~」と言葉を投げかけたくなる。

こんな感じで「かわいそうな生い立ち・悲劇により、愛情にまつわる感性が歪んでしまった男子」腐女子の大好物。
なぜなら、上記の男子を「人徳や強引な手法で包み込む救世主」と出会わせてカップリングにすることでストーリーが一本完成する。これはハッピーエンド好きの腐女子向け。
バッドエンド好きの腐女子は救世主となんか出会わせず、愛情が足りなくて傷ついて、ずぶずぶと闇に沈んでいく美しい姿を楽しむ。もしくは、かわいそうな男子の「欠点をさらに刺激する相手」とカップリングさせて更に絶望させるという手法もある。

例えば、こじらせた加州清光なら主であるプレイヤーとくっつけるのが幸せにするも不幸にするも手っ取り早い。少なくとも加州は最初からプレイヤーに依存気味なので、彼の心を丁寧に癒して健全な愛情を一から教えるのもよし。わざとハッキリしない態度を見せて、加州の依存を深めるもよし。どう転んでもおいしいのだ。
山姥切国広の場合も同様。写しであるコンプレックスをどうにかしてやりたい!と思う反面、暗くてじめじめした性格そのものを愛でるために精神を追い詰め続けるというやり方もある。
彼の救世主はプレイヤーの他に同じ国広である「山伏国広」や「堀川国広」など。欠点を刺激するには贋作嫌いの「蜂須賀虎鉄」や国宝の「三日月宗近」などがいいかもしれない。

「かわいそうなイケメンと救世主」を他作品に見る
TIGER&BUNNY……バーナビーが典型的な例。典型的すぎる例。
ハイキュー!……影山や菅原さんや及川など、セッター周辺を掘り下げるともれなく暗くなれる。
黒子のバスケ……主人公のトラウマがしんどい。でもやっぱり誰かに欝度八割増くらいで再構成された黒バスをかいてもらいたい。
弱虫ペダル……荒北は福富に救われ福富は金城に救われ、御堂筋と石垣は互いに救い救われる。
この要素はスポーツ系と相性がいいのかもしれない。挫折を経験した少年は美しい。


2、昔の日本モチーフ
刀剣乱舞の世界は室町時代から江戸時代後期・幕末までと結構幅がある。まあそれはおいといて、昔の日本には稚児・男色・衆道という大正義な文化があり、腐女子はそれを錦の御旗として掲げつつ妄想に勤しむ。
かいつまんで説明すると、男色の中に稚児や衆道というカテゴリがある。稚児は平安時代から続く少年修行僧で、寺院のような男性社会の中での女性的存在とされた。衆道は戦国時代からあり、武士や大名同士の忠誠心・絆を深めるために契るものだった。有名どころに織田信長森蘭丸前田利家がいる。江戸時代は新米の歌舞伎役者の副業として陰間という男娼の職業があった。
現代より同性愛に寛容だった時代背景は、ストーリーの導入にあたって非常に便利だ。どんな堅物キャラでも、衆道の概念を理解しているならば話が早い。細かい説明も省けるとあって、大変重宝されている。
なお、「受け役は年下と相場が決まっていた」ということも伝えられているのだが、都合の悪いところは無視できるのが妄想のよいところである。そんなことは関係なしに年下攻めも多く存在する。

刀剣乱舞なら、織田信長が所有していた「へし切り長谷部」「薬研藤四郎」「宗三左文字」などの妄想が膨らむ。特に宗三左文字は複数の天下人の手に渡っていたことが知られているので、ドラマ性も十分だ。またこれはほぼ創作のようなものだが、共に稚児出身である源義経武蔵坊弁慶が深い中であったという噂があり、義経の守り刀「今剣」と弁慶の薙刀「岩融」の関係についても自由な発想の余地がある。

「昔の日本モチーフ」を他作品に見る
戦国BASARA……大型ジャンル筆頭。主従やライバルなど、歴史上の対立関係をうまく落としこめていると思う。
銀魂……決して歴史物と呼べはしないが、真選組や攘夷組あたりは史実と組み合わせると大変おいしいものとなる
商業のBLゲームや乙女ゲームも、和物は定番ジャンルとなっている。


3、とにかく大人数
AKB48ソーシャルゲームなどは、たくさんのキャラを出して大勢のニーズを満たし、グループや作品ごと好きになってもらう手法が取られている(ただしラブライブを除く。少人数のメインキャラで人気を保てるのがスゴい)。
ただし腐女子の場合、作品内の人数は更に重要なファクターとなりうる。キャラの数が増えれば、それ以上にカップリングの数が増えるからだ。攻め受けを考慮すれば、カップリングの数は単純にキャラ数の二乗となる。
刀剣乱舞のキャラは2/19現在42種で、新たにもう2種の追加実装が決定している。さらにプレイヤーを加えるためプラス1。
実装済みキャラ42+追加実装2+プレイヤー1)=45
キャラの数で二乗して、最後に同じキャラ同士の掛け算を引くとこうなる。
45^2-45=1980
二千弱の中ならば、本命の組み合わせを見つけることができるのではないだろうか。
幸いにもこのゲーム、どんなに接点が見つからない刀でも一緒の隊に入れて戦わせることができる。一見異質とも思えるような組み合わせでも無理なものはないのだ。

「とにかく大人数」を他作品に見る
おおきく振りかぶってダイヤのAなどの野球もの……一試合あれば少なくとも18人出てくるので組み合わせは18×18-18=306通り。
キャプテン翼イナズマイレブンなどのサッカーもの……一試合あれば少なくとも22人出てくるので組み合わせは22×22-22=462通り。
上記二つの数字は、控えや監督、コーチなどを含めるとさらに多くなる。大人数で行うスポーツものは強い。


4、深読みすると欝・シリアスが増す設定
刀剣乱舞の大きな特徴に「回想」というものが存在する。
特定の刀剣男子たちを彼らにまつわる戦場に連れて行くと、会話が発生するというシステムだ。
詳しいネタバレは伏せるが、大体はプレイヤーの前の主が死んだ場所なので、刀同士の会話も深刻なものばかり。
しかし、そんなに長い会話があるわけではない。二言三言交わしたあとは、何事もなかったように戦場へ進む。
「情報量が少ない」ところがポイントだ。意味深な設定とセリフだけをスパイスのように「少量」与えることで、妄想の「余地」「自由度」を増やす。
何もかもをストーリーで説明するのは最早時代遅れと言ってもいい。最たる例が初音ミクで、初めから彼女を構成する要素といえばビジュアルと声とネギという限られたパーツのみだ。歌姫の世界を広げたのは、ユーザーの想像力ただ一つである。
そもそも刀剣乱舞というゲームは、過去の改変をもくろむ敵を倒すゲームだ。様々な年代に刀をタイムスリップさせ、歴史改変主義者たちと戦わせるというタイムトラベル系のSF要素がある。
下地は十分。余計なストーリーや決まり事がないからこそ、自由でニッチで新しい価値がリアルタイムで生まれ続ける。

そして時空SFといえばシリアスや欝と親和性の高いジャンルだ。やるせない過去の書き換え、タイムパラドックス、未来への介入……刀という武器の血生臭さと意外に相性がよい。なんでもないキャラを、先に述べた「かわいそうなイケメン」へとたやすく変えることができる。
刀剣乱舞で例えよう。「陸奥守吉行」坂本竜馬の刀で、土佐弁を話す明るい男だ。「刀なのに銃でも戦う」というギャグキャラでもある。史実でも坂本家に伝わる家宝で、龍馬は周りに自慢していたそうだ。かわいそうなイケメンという存在からは一番遠い存在であるのは事実である。
しかし、陸奥守吉行は主人が暗殺されていたときに腰に帯びていた刀だ。(※注:鞘に入ったままで暗殺者の刀を受けたというのはソース不明、司馬遼太郎の創作かもしれない)主人を守れなかった刀である陸奥守吉行。彼にも思い出したくない過去があるとしたら? もしかすると普段は明るい分、先述した加州清光や山姥切国広より深い闇を抱えているのかもしれない……と疑心暗鬼になれるのだ。
ライターの芝村裕吏さんは欝とシリアスに定評があるらしいので、期待が高まる。

「深読みすると欝・シリアスが増す設定」を他作品に見る
ヘタリア……国同士の同盟や戦争など、教科書に掲載されていることがそのまま萌え要素となる。ヘタリアといい艦これといい、ヒットした擬人化ものは大概人の生死と切っても切り離せないのでシリアス妄想がはかどる。
鬼灯の冷徹……地獄を舞台にした作品だけあって、人の生き死にという重い題材が使いやすい。
忍たま乱太郎(落第忍者乱太郎)……室町・戦国時代の忍者という題材がもうシリアス。忍術学園を卒業して大名の城に雇われるようになれば、敵となった同窓生と戦場で巡りあうかもしれない。本編がギャグ一辺倒だからこそ、設定や世界観からもれ出る薄暗さとのギャップが深まり魅力となる。同じような構図がギャグマンガ日和にも見える。


以上、私の見解を述べさせてもらった。思ったより長文になった。
兼ねてから考えていた「腐女子が好む作品論」を展開できて非常に楽しかった。好き放題やれるところがブログのよいところだ。

これまでもネット上で様々な「腐女子の好みを分析してみよう」という記事があったが、どれを見てもあまりしっくりこなかった。なるほどと思えるのはほんの一部であり、大概が的外れではないだろうか? という内容だった。実際に腐女子が書いているものであっても、である。
それだけ萌えには多様性があるということだ。同じキャラでも解釈が異なり、解釈が同じでも攻受が異なる。腐女子に限らず、人間が持つ色眼鏡の存在を意識せざるを得ない。だからこそ、似た価値観を持つ仲間を見つけたときの喜びもひとしおなのだろう。

最後に。刀の話題を扱うに当たって必要最低限の情報をさらったつもりだが(どこかの記述が間違ってたらごめんなさい)、やはりその情報量は少なくなかった。社会という教科全般に挫折した身として、自分が刀剣乱舞のためだけに多くのネット資料に目を通せたことが驚きである。アニメが好きという理由で難解な日本語を学び続ける外国人になった気分だった。好きな物事に対する苦労は苦労でなくなるのかもしれない。実際に体感するとそのすごさがわかる。

 


刀剣乱舞-ONLINE- - オンラインゲーム - DMM.com

現在は新規登録ができない状況だが、ルールなどはこのページで読める。サーバーがあいたら是非登録してほしい。

 



おわり(山伏きません……山伏きません……拙僧はやく……)

 

日本刀 妖しい魅力にハマる本 (KAWADE夢文庫)

日本刀 妖しい魅力にハマる本 (KAWADE夢文庫)

 

 売れてるらしいね。

 


追記:書いている途中でこの記事と盛大にカブっていることに気が付いたので、読み比べてもいいかもしれない。
特に最初の項目が挙げてるキャラまで一緒とか……

刀剣をイケメン男子に擬人化「刀剣乱舞」がオタク女の心をつかむ4つの理由 - エキレビ!(1/4)